あなたは査定価格より高く売ることはできないのではないかと内心諦めていませんか?

本当は不動産会社の査定価格に納得していないのに、専門家がそう言うのであれば仕方がないと諦めていませんか?

納得は行かなくても結局のところ不動産会社にお任せするしかないと思っていませんか?

 

でも、本当に査定価格を受け入れなければいけないのでしょうか?

いいえ、決してそのようなことはないのです。

査定価格よりも高く売ることはできるのです。

 

実際に私が担当したお客さんのなかには査定価格よりも高く売却された方が数名いました。

査定価格よりも高く売った売主さんにはある共通する点がありました。

 

この記事では、私が実際に経験したことを踏まえて、

査定価格よりも高く売った売主さんに共通する点について書きましたので参考にしていただけると嬉しいです。

 

 

あなたの家を査定価格よりも高く売るための2つの必殺技!

あなたの不動産の不動産を査定価格よりも高く売る2つの必殺技は以下のとおりです。

 

1.不動産は個人資産だと強く認識する

2.希望価格で売り出す

以外だと思ったでしょう?

しかし、実際に私が担当した売主さんが共通して持っていた2つの必殺技がこれだったんです。

 

 

不動産は個人資産である

初めて不動産を売りに出される方にしてみれば、

自分たちでは何をどうすればいいのか全くわからないというのが正直なところだと思います。

 

従って、どうしてもプロの不動産会社の担当者から

「お宅の不動産の資産価値は〇〇〇〇万円ですよ」と言われれば、

納得いかないけど言う通りにしないと売れないのかなって思いますよね?

 

しかしばがら、査定価格よりも高く売った売主さんは共通して不動産会社の査定価格を受け入れることはありませんでした。

 

実際のところ、不動産会社の査定価格に従わなければいけないという義務はありません。

 

売主さんにしてみれば、長年ご家族と過ごした思い入れのある家だけに、

決して納得いかない価格では売りたくないというのが本音です。

 

高く売った売主さんは共通して不動産は個人資産であると考えている人でした。

 

答えがあるとすれば、強いこだわりがあって自分の決めた価格で必ず売り抜くという意思を貫くことがでる人が査定価格よりも高く売ることができるということなのです。

 

 

希望価格で売り出す」

先程も触れましたが、最終的には売主様の個人資産ですから、

あなたが本当に少しでも高く売りたければ、

「希望価格で売りに出してくれるなら媒介契約を締結します」と目の前にいる担当者に言えばいいのです。

 

要望をききいれてくれないのであれば、別の不動産業者に依頼するようにしましょう。

ただし、査定価格よりも高く売り出すとなかなか売れないこともあります。

 

場合によっては何年もかかることだってあるのです。

あなたは期間が長くなってもいいんだという覚悟がおありですか?

 

私も3年越し5年越しということもざらにありました。

これマジです。

 

それでも当初の査定価格よりも100万以上も高く売却できた売主さんもいました。

 

-その1例をご紹介します。-

70代の方で、商売を長年営まれていたんですが、

年齢のことと後継者がいないことを理由に商売をたたんで大阪市内のマンションに移り住むために自宅を売却るることに決めたのです。

 

私が査定した価格は1300万でしたが実際の売出価格は1900万でした。

びっくりしますね!

 

明らかに高い価格でしたので、私は絶対に売れないと内心預かることをためらったことを今でもハッキリと覚えています。

 

実際はやってみなければわからないというのが不動産です。

 

媒介を結んでから2年は経過していました。しんどかった~

 

その間に価格を何度か見直したこともありますが、

最終的には1600万で買い手がついたのです。

 

私が最初に査定した価格よりも300万も高い値段で売れることになったのです。びっくりしました。

 

他府県から来た人が買ってくれたのです。

この家が建つ相場をあまりご存知無かったということも売却に繋がりました

ちなみにこの家は新築当時5000万円もしたのです。

国土建設がバブル期に建築した家だったのです。

 

実際に見学に来られてこの価格でこの広さであれば申し分がないということだったのです。(当然ですよね)

この家は土地が約70坪ほどあり、ガレージが並列で2台高台の眺望が最高に素晴らしい立地条件でした。

冬はアルプスのようでした。

 

だからこそ売主さんは絶対的な自信があったように思います。(脱帽)

 

 

 

査定価格よりも高値だと販売期間が長くなるから業者は嫌がる?

不動産業者の立場からすれば、査定価格よりも高値で販売して欲しいという要望は、

なかなか売れない物件を担当することを意味します。

 

なかなか売れない物件は、直ぐ収入に繋がらないので嫌なのです。(本音)

営業マンはみんなすぐに売れて給料に反映できる物件を担当したいと考えているものなのです。

少なくとも私はそうでした。

 

だから、ある意味査定価格よりも高値で売りたいという売主さんは、

営業マンから嫌がられます。(勿論、直接はそんなこと言えないですけど)

 

売主さんが「私はこの査定価格では納得がいかないので自分の希望価格で売って欲しいんです」

と言ってきたらいつも表向きでは笑いながら

あ~そうなんですね、わかりました大丈夫ですよ」

といって受け入れてきましたけど、心の中ではいつも

「ちぇ、またわがままな売主さんにあたってしまったわ、こんな価格で売れるわけないのに時間の無駄やがな」

って口には出さないですが、内心思っていました。(*´∀`*)

 

結論は、不動産業者が嫌がっても、あなたの強い意志表示が相場よりも高く売ることにつながるということです。(あくまでも可能性の話であり保証するものではありません)

 

あとはそんなあなたのわがままな要望を聞いてくれる不動産会社を探すことです。

 

そこで今回は不動産一括査定サイトの「リビンマッチ」をご紹介します。

 

こちらに関して別記事で詳しく説明していますので、この機会に一度目を通してほしいと思います。

 

 

まとめ

あおくまで不動産は売主様の個人資産である。

 

だからこそあなたは不動産会社の言いなりになる必要はないということ。

 

最悪長期化することだって覚悟するということ!

 

査定価格より高く売却できた売主さんに共通する要素は、自分の家に対的な自信がるということです。

 

あなたもこの記事を参考にして絶対に査定価格よりも高く売るんだと心を決めて望んでください。