あなたは訳ありの家は売れないのではないかと心配していませんか?

確かに売りにくい部分はありますが、

結論から言えば心配しなくても買手は見つかり家は必ず売れます。

今回は、訳あり物件の売り方と注意点について解説していきますので参考になれば嬉しいです。

 

事故物件とは

 

そもそも事故物件とは何でしょうか?

我々が良くそのような言い方をする物件は決まって売主さんの誰かが自殺されたとか孤独死されてしばらく発見されなかったなどが挙げられます。

 

また、殺人事件に巻き込まれたケースもそうですね専門的な言い方であれば「心理的瑕疵あり物件」と呼びます。

 

 

事故物件は売れないのか?

そのような怖い出来事が起きた家など他人が買うだろうか?

遺族の間ではかなり深刻な問題として取り上げられるかもしれませんが、心配することはありません。

世の中には全く気にならに方が必ずいるものなのです。

 

私も売主さんが自殺されたマンションを販売した経験がありますし、私の同僚も自殺した戸建を販売しました。

年間を通じて数件程度はこのような「心理的瑕疵ありの物件」が売買されています。

 

 

事故物件を買う人の特徴

私が営業マン時代に決まって事故物件を買う人にはある特徴があることがわかりました。

・安い家を現金で買いたいと考えている

・安く買って賃貸住宅として人に貸すことを考えている

・人はいつか必ず死ぬそれがたまたま自殺だったというだけで特に気にならない

上記のような人が決まって自己物件を買う傾向にありました。

ですから、このような価値観がある方にあなたの家を紹介できれば、かなりの確率で売れることになると思います。

 

心理的瑕疵がある場合の注意点

ごく稀にですけど売主さんに、そんな不利になるようなことは黙っておこうとする方がいらっしゃいます。

それは返って逆効果となりますので絶対にしないで欲しいです。

 

私の同僚が売主から何も聞かされていないまま売買契約を締結して無事に引渡しまで終わったのですが、買主さんが引越されてからご近所の方に「こちらの家で自殺があったことはご存知ですか?」と訪ねられて初めてその事実を知った事例がありました。

 

その買主さん血相を変えて会社に怒鳴り込んでこられました。

 

どういうことですか?契約時にはそんなこと聞いてないけど、もし聞いていれば絶対に買ってない」とのクレームが入りました。

担当者は慌てて売主さんを問い正したところ事実と判明したわけです。

 

これは明らかに事実不告知という宅建業法違反であり、本来ならば契約は無効となってもおかしくはない内容なのです。

 

しかし、今回の買主さんはとてもいい方で、営業マンも事実を知らなかったのであれば、仕方がないことだということで、売主が和解金を支払うことでなんとか解決することができました。

 

下手をすると契約破棄の上、損害賠償を請求されてもおかしくない内容です。

 

ですから、事実の隠蔽だけは決してしないようにお願いします。

 

 

世の中には意外と事故物件は存在している

割合は決して多くはありませんが、私も現役時代には年間に2~3件程度の案件はありました。

建物内でなくても例えば別の場所で自殺されたケースもありますし、殺されたということだってあります。

 

日本全国ではかなりの件数があるのではないでしょうか?

だから何もあなただけがそのような不遇を背負っているというわけではありませんので、どうかナーバスにならずに不動産業者に気軽に相談することから始めてみましょう!

 

 

事実告知は売主の義務

いくら不利になるからといって事実を隠蔽して販売してはいけません。

後で手痛いしっぺ返しが待っています。(契約破棄の上損害賠償請求など)事実は事実としてちゃんと告知して「心理的瑕疵あり」として正々堂々と販売活動をするようにしましょう!

 

あとは事故物件について詳しい信頼できる不動産会社を探すだけです。

そこであなたのお手伝いに適したサービスがあるのでご紹介します。

それは不動産一括査定サイトの「リビンマッチ」です。

「リビンマッチ」について詳しく別記事にまとまましたので、こちらも参考にしてみてください。

リビンマッチの口コミと評判について元不動産営業マンが検証!

 

 

まとめ

自殺や事件があったら隠蔽せずに、事実はすべて告知してください。

心理的瑕疵ありの物件は特定の人たちの需要が必ずあります。

心配せずに堂々と販売活動できますので、頼れる不動産会社を探して販売活動することをオススメします。

 

あとは事故物件について詳しい信頼できる不動産会社を探すだけです。

そこであなたのお手伝いに適したサービスがあるのでご紹介します。

それは不動産一括査定サイトの「リビンマッチ」です。

「リビンマッチ」について詳しく別記事にまとまましたので、こちらも参考にしてみてください。

リビンマッチの口コミと評判について元不動産営業マンが検証!