あなたは家族が増えて、今の家では狭いなぁというお悩みを抱えていませんか?

結婚当初は、こんなことになるなんて想像もしていなかったかもしれません。

 

しかし、将来的なことを考えれば、買替えは仕方がないことだし、早くなんとかしなければ窮屈になっていくばかりですよね?

 

ご家族が増えるということはとてもいいことなので、このページでは買替えについていくつか例を出してみますので、参考にしていただけると幸いです。

 

買替えの場合は、主に以下の3通りの方法が行われていることが多いです。

1.売り先行での買替え

2.売り買い同時での買替え

3.買い先行での買替え

 

1.売り先行での買替え

 

売り先行というと、今お住まいの家を先に売り出してから新居を探すという方法です。

 

この方法は、自己資金があまり無い場合に用いります。

 

先ず自宅を先に売り、売れたお金を自己資金に充てて、買い替え先の頭金と諸費用に充当します。

 

もし、賃貸に住み替えするなら、敷金と礼金に売れたお金を充当することができます。

 

買替えの場合のデメリットは、若干慌てて次の家を決めなければならないという点です。

 

売りに出してすぐ買い手がついた場合がそうです。

そうなると引き渡す前に買替え先を見つけないと家なき子になってしまいます。

 

対策としては、一時的に賃貸に住んで次の家を探すか、買主さんに事情を話して引き渡し猶予を3ヶ月程みてもらいその間に次の家を探すのです。

 

 

2.売り買い同時での買替え

売りと買いを同時に進める方法です。

 

この方法は、自己資金が少なくローン残高が少し残る場合に用いります。

 

売れたとしても少しローン残高が残るので、次に買替える家にオーバーローンという形で新規のローンと合わせて返済をしていく方法になります。

 

ですから、今の家の販売活動と買替え先の家探しを同時進行で行っていく必要があるのです。

 

この方法で一番難しいのは、双方のタイミングを合わせることですね、デメリットとしては多少買替え先の家選びは妥協も必要になってくることです。

 

先に買い手がついた場合、3ヶ月の引渡し猶予を買主さんにお願いしますが、この期間内に新居を決めなければいけないプレッシャーを背負います。

 

先に買い替え先の家が見つかればその必要はありませんが、逆に自分の家に買い手がつかなければ、次の家も買えないジレンマに悩まされることになります。

 

最悪の場合は、気に入った家もそうこうしている間に売れてしまうこともあります。

 

対策とすれば、気に入った家の売主さんに、条件付きの契約を承諾してもらって、売買契約を締結することができれば、取り敢えず他の人が買うことを防ぐことができます。

 

もうひとつの方法は、先に買替え先が見つかれば、今の家を業者に買い取ってもって、買替えを実行させる方法もあります。

 

どちらかというと、この方法が一番確実に売り買いを実行させることができる場合もあります。

ただし、ローン残高と次の買替え先の売買代金などの兼ね合いがあり、上手くオーバーローンが使えれば問題ないですが、万が一オーバーローンが使えない場合は、白紙に戻り買替えは諦めなければならない場合も有り得ます。

 

この辺りのさじ加減はとても微妙だと思います。

実際にその場にならないと上手く判断する事が難しいです。

しかしながら可能性が0ということではありません。

 

不動産会社の担当者とよく相談の上進めてください。

 

 

3.買い先行での買替え

買い先行型という方法なんですが、実はこの方法が一番理想的な方法です。

 

ただし、この方法での買替えは、自己資金が充分ある方に限られる事が多いです。

 

先に新居を買って引越しも終わってから、今の家を空家にして慌てずにじっくりと販売活動を展開するというものです。

 

これなら案内時に立ち会うこともありませんし、業者に鍵を預けるだけで後はすべて業者にお任せでいいわけです。

 

あなたは黙って売れるのを待つだけなのです。

 

 

先ずは自宅の資産価値を知りましょう

やはり買替えにしても、今のご自宅の資産価値はどのくらいか掴む必要がありますので、先ずは簡易査定を実施しましょう!すべてはそこからがスタートとなります。

 

資産価値を知った上で、上記の3つのどの方法があなたに適しているかを理解することが肝要です。

 

あとは信頼できる不動産の買取りをしてくれる会社を探すだけです。

素早く買い替えをやってくれる業者をみつけるのにとても便利なのが不動産一括査定サイトの「リビンマッチ」です。

「リビンマッチ」について詳しく別記事にまとまましたので、こちらの記事も参考にしてほしいと思います。

リビンマッチの口コミと評判について元不動産営業マンが検証!

 

 

 

買い替えを成功させる2つの秘訣

不動産の買い替えを成功させるためには、以下の2つのことがとても重要になってきます。

 

1.現在の住宅ローン残高を少なくする

 

2.今の家をできるだけ高く売ること

 

買い替えを成功させた人の約7割以上の方が残債を無くして売却益を次の買い替え先の頭金に充当させているという統計が出ているのです。

 

また、頭金の割合は前の家を売ったお金からが25.5%、貯金からが50.2%という統計も出ています。

 

買い替えを成功させるためには、十分な資金計画を立てて実行する必要があります。

 

今の家を売ってローンを消すことができるかどうかがポイントになってきますね!

 

既にローンを完済されている方は特に問題はありません。じっくり次の家を探すことに集中しましょう。

 

どうしても残る場合は、次に買う家に上乗せができるかどうかを予め事前審査して買い替えが可能かどうかを調べる必要があります。

 

最悪の場合は買い替え自体を諦めなければならないこともあるかもしれません。

 

 

まとめ

買替えには3つの方法があります。あなたがどの方法で買替えできるのか知ることが必要です。

すべての始まりは自宅の資産価値を知ることから始まるということです。

まずは、簡単便利な不動産一括査定サイトを使って、あなたの家の資産価値を掴みましょう!

ローンが消せるかどうか調べて残る場合は、事前審査して次に買う家のローンに上乗せできるかどうか調べる必要があります。

最悪の場合は買い替えを諦めなければならないこともあります。

 

信頼できる不動産会社探しは「リビンマッチ」がお手伝いできます。

リビンマッチの口コミと評判について元不動産営業マンが検証!