あなたはご主人が自殺した家なんて誰も買ってくれないのではないかと一人で悩んでいませんか?

 

でも安心してください。

たとえどのような事情があっても家は売れるものです。

 

この記事では、その方法について解説しましたので参考になれば嬉しいです。

 

 

 

ご主人が自殺した時に住まいを売却する方法

一番確実に、しかも誰にも気付かれないで売却する方法は、業者による買取りです。

 

宅内または宅外での自殺は、いずれにしても「心理的瑕疵あり物件」として取り扱われるることになります。

 

正直なところ、自殺物件は90%以上の人から敬遠されます。

 

仲介で売りに出したしてもなかなか売れません。

 

価格をうんと下げて世に出すだけで、「この物件はなにか曰くつきの物件ですか?」とお客さんから質問を受けることになります。

 

業者としては、事実の告知義務がありますから、「実はこちらの物件は、ご主人が自殺をされた物件です」といった瞬間に「この物件は結構です」とお断りされるのが一般的です。

 

ですから、自殺物件は買取り専門の業者に、買取りをしてもらうのが一番早くて、もっとも確実に売却することができるといえます。

 

 

仲介するなら、買取り保証付きでやってみる

しかし、少しでも高い金額で売却されたいのであれば、買取り保証付きの仲介をおすすめします。

 

買取り保証付きの仲介とは、ある一定の期間を仲介で販売活動してみて、期間内に万一売却ができなかった場合に、業者が買取りをするというものです。

 

この方法であれば、たとえ仲介で売却できなかったとしても、業者が責任をもって買取りをしてくれるので、あなたは確実に家を売ることができるのです。

 

大体の期間は、1~3カ月が目安です。

 

一般的な仲介ではなかなか売れない不動産を買い取ってくれる専門業者は全国にたくさん存在しています。

 

次にご紹介するサイトは、そんな専門買い取り業者を紹介できるサービスを無料で行っています。

 

どうしてもうまくいかなくてお困りであれば、一度試してみる価値があるのではないでしょうか?

1日でも早く悩みを解決したいとお考えの場合は下記リンクをクリックしてサイトに進んでください。

「お困り不動産どうする」

 

 

まとめ

自殺があった場合は、一般的に「心理的瑕疵あり」として取り扱われます。

 

「瑕疵」とは隠れた傷という意味です。

自殺物件は、心理的に隠れた傷があるという意味になります。

 

仲介して反応を確かめて、厳しそうであれば、業者による買取も検討しましょう!

 

どうしても、初めは仲介でやってみたい人は、買取り保証付きの仲介がおすすめです。