あなたはご主人が自殺した家なんて誰も買ってくれないのではないかと一人で悩んでいませんか?

 

でも安心してください。

たとえどのような事情があっても家は売れるものです。

 

今回はその方法について解説しましたので参考になれば嬉しいです。

 

 

自殺した家は心理的瑕疵あり物件として販売されます

宅内での自殺または宅外での自殺、いずれのしても心理的瑕疵ありとして世に出ることになります。

 

ただ宅内での自殺のほうがシリアスな感じがあります。

私はいずれの場合も販売実績があります。

 

その詳細は宅内での自殺の場合は、マンションでした。

こちらは浴室内で所有者の方が首を吊って亡くなられています。

 

こちらのマンションは業者に買い取られて、更に業者に買い取られて、

最終的に私が一般の方に買っていただいた形になります。

 

もう一つは、実は私も自殺があった事実を知りませんでした。

私が売主担当で専任媒介していた家なんですが、媒介契約を締結した時点で、

売主さんからその事実を知らされていなかったんです。

 

その家は売主さんの前の所有者が近くの山中で、車の排気ガス自殺をした家だったのです。

 

宅内ではなかったので売主さんが買ったそうですが、勿論私のミスです。

その家は私が何年もご案内をしていたお客さんが買ってくれたんですが、

引越し後に近所の方から聞いて発覚したわけです。

 

結果的に、その事実はご主人だけが聞いていたので、奥さんには告げずに、ご主人が胸にしまってくれたんですが、

ペナルティとして売主さんには外構工事代金を支払って貰う条件で交渉をして、解約はま逃れました。

 

これだけ広い世の中ですから、自殺された家は結構たくさんあります。

心配せずに業者に相談しましょう。

 

 

 

仲介してみて時間がかかりそうなら買取りも検討しましょう

先ずは少しでもいい金額で販売されたいのであれば、仲介で売り出しをしてみて、しばらく反響具合をみてみて、あまり反応が悪いようであれば、業者による買取りも検討した方がいいかもしれません。

 

仲介の方法の一つに買取保証付というものがあります。

 

1~2ヶ月程の期間を通常の仲介で売りだして万が一売れなかった場合は、業者が買取りをしてくれるという内容の販売方法です。

 

この方法だと最後は必ず売ることができるので、安心して販売活動することが可能になります。

 

デメリットは、買取りになれば若干価格は少なくなってしまうことです。(相場の7~8掛け程度)

 

理由が理由だけに、ある程度仕方がないことと覚悟は必要だと思います。

 

あとは信頼できる不動産の買取りをしてくれる会社を探すだけです。

仲介だけではなく買い取り業者の紹介もやってくれる不動産一括査定サイトの「リビンマッチ」をご紹介します。

「リビンマッチ」について詳しく別記事にまとまましたので、こちらの記事も参考にしてほしいと思います。

リビンマッチの口コミと評判について元不動産営業マンが検証!

 

 

まとめ

自殺があった場合は、一般的に「心理的瑕疵あり」として売出されます。

瑕疵とは隠れた傷という意味です。

要するに心理的に隠れた傷があるという意味になります。

 

仲介してみて反応を確かめて、厳しそうであれば、業者による買取も検討してみて、悩みを解決する方法もありますので、あまり気重にならずに先ずは不動産業者に気軽に相談することです。

 

 

信頼できる不動産会社を探すには、不動産一括査定サイトの「リビンマッチ」が便利です。

リビンマッチのことが分かる別記事を参考にしてみてください。

リビンマッチの口コミと評判について元不動産営業マンが検証!