あなたはどの業者が良い業者か判断することが難しいと悩んでいませんか?

判断基準となる知識が不足していると決めるのに困るはずです。

そこで、私の経験上どのような業者は良くないかこの記事で紹介してみようと思いますので、興味があれば最後までお付き合いください。

 

 

素人は簡単に騙される!専任媒介契約ばかり勧める業者は要注意

専任媒介ばかりをやたらと勧める業者は要注意です。

これにはハッキリとした理由があります。

以前にもお話ししたと思いますが、宅建業者がなぜ専任媒介を勧めるか思い出してください。

答えは専任媒介契約の性質にあります。

 

専任媒介とは複数の業者と媒介契約を締結できない決まりがあって、1社が独占的に媒介契約を締結することができるんですね、つまり、優先的に売主と買主の両方から仲介手数料を申し受けすることが可能になるのです。

 

仲介を主としている宅建業者は儲けが仲介手数料だけになるので、必死になって専任媒介契約を締結しようとします。

 

要するに専任媒介契約を強く勧める宅建業者は、売主の利益よりも自分たちの利益を優先的に考える業者である可能性が非常に高いということが言えるわけです。

 

私が勤めた会社でもそのような動きがあって、何が何でも専任媒介を締結しろと上司から命令が出ていました。

 

しかし、売主としてはいかに早くいかに高く売るかが最も重要なことであって、宅建業者の利益なんかどうでもいいことなのです。

 

売主の立場からものいうとなれば、販売経路は広く網羅的に展開される方がいいにきまっています。

 

つまり、一般媒介契約を複数業者と締結する方が、販売チャンスが広がることは明らかなのです。

 

それだけたくさんの宅建業者が両手数料を手に入れることができる一般媒介なら競って自分とこで両手数料を稼ごうとする動きが期待できるからです。

一般媒介は複数業者と媒介契約が締結できる内容になっています。

 

売主にとってはこちらのタイプの方が圧倒的に有利というわけです。

 

以上の理由から、専任媒介を推し進めてくる業者はあまりいい業者とは言えないということを理解しておきましょう。

 

 

専任じゃないと力が入らない

言い訳として、最も多いのが「専任じゃないと力が入らない」ということを言う業者があります。

 

自分のところ以外にも販売を依頼しているなら、「自分がそんなに頑張らなくても、他の誰かが売ってくれると思うから力が入らないです」と平然という営業マンがいます。

 

こんなことをいう営業マンとは付き合わない方がいいです。

まるっきり、自分の利益しか考えていない証拠だからです。

 

むしろ、「分かりました」「私がほかの誰よりも早く契約してみせます」という営業マンと付き合った方が売れる可能性は高いです。

 

営業マンのやる気と熱意が販売の要であることを理解しておきましょう。

 

 

販売の目安は2~3ヶ月以内

一般媒介を締結して、販売の目安は2~3ヶ月を意識しておきましょう。

それ以上長くなると疲れてきます。

 

最初の1ヶ月で反響をチェックしてあまり案内が入らないようであれば、次の媒介更新を待たずに価格を見直して新たに媒介更新しましょう。

 

最初の1ヶ月で反響が良くないということは明らかに価格に魅力が感じられていない証拠です。

 

相場よりも高くなっているから反響がこないんです。

思い切って価格を下げて反響を取るように工夫する必要があります。

 

価格が適正であれば、通常2~3ヶ月以内で買手が見つかるはずなんです。

この時期で売れなければ、長引く恐れがありますので要注意です。

 

 

まとめ

専任媒介ばかり勧める業者は自分の利益が優先で、売主の利益は2の次と考えるところが多いから要注意です。

 

「専任じゃないと力が入らない」という営業マンとは付き合わない方が得策です。こんなことを言う営業マンは自分の利益が優先だからです。

 

販売期間は2~3ヶ月が目安としましょう。

それ以上長くなると売れ残る可能性が高くなるので要注意です。