あなたの家の軒や家屋の一部がお隣に越境しているので、そのままで売ることが出来るか心配していませんか?

 

どのような経緯でそうなってしまったのか、わかりませんが、結論から言うと売ることは可能ですのでご安心ください。

 

 

現状で売買は可能

 

私も営業時代に何件かそのような物件を売買したことがあります。

 

結論から申しますと、例え軒や家屋の一部が越境していても、その部分を改修することなく現状で売買することができます。

 

よくあるのが、2階の屋根の軒がお隣の敷地に越境したり、庭木が越境していたり、その現状は様々です。

 

だからといって今すぐに改修しなければいけないということではありません。

庭木であれば、伐採すれば済みます。

 

ただし、その事実を黙って買主さんに売ることは将来もめる原因になりますので、ちゃんと重要事項説明書に記載して売主・買主双方で納得した上で売買契約を交わすようにしましょう。

 

加えて、将来的なことを考えれば、お隣の方と越境について今後トラブルことがないように、覚書を売買の前に交わしておいて、その内容が次の買主さんにも継承されるようにしておきましょう。

 

覚書には、「いま現状は越境しているけども、将来建て替える際は越境しないようにします」といった内容ですね、不動産業者に取り付けてもらうといいでしょう。

 

 

引渡し後に改修するの?

では、引渡し後に改修するものなのか?というとそれも違います。

 

買主さんは、あくまでも現状での引渡しを引き継ぎますので、改修せずにそのままの状態でお住まい頂けるのです。

 

もし、購入後に買主費用負担で改修するとなれば、リスクがあり過ぎますし、そのことが理由で買ってもらえなくなるかもしれません。

 

例え現状が近隣への越境があったとしても、解体せずにそのままの状態で使用することができます

 

 

再建築の際は越境しないように建て替えが必要です

ではいつのタイミングで越境しないようにするかというと、今の家を解体して、新築を建てる時です。

 

このことについては、売買契約書の特記事項や重要事項説明書に必ず記載しなければいけません。

再建築の際は、近隣に越境することなく建築しなければならないというものです。

 

考えれば分かりますよね?当たり前と言えば当たり前なことです。

 

あとはあなたの不動産を売ってくれる信頼できる不動産会社を見つけるだけです。

私が提案している不動産の一括査定サイトは「リビンマッチ」です。

「リビンマッチ」について別記事でご紹介しますので、ぜひこちらの記事も参考にしてほしいと思います。

リビンマッチの口コミと評判について元不動産営業マンが検証!

 

 

まとめ

越境している住宅でも、改修せずに現状で売買はできます。

 

ただし、将来のために近隣の方と売主さんの間で、越境について覚書を交わすことをオススメします。

 

引渡し後に買主さんが改修する必要もありません。ただし、再建築の際は越境することなく建物を建築する必要があります。

 

いかがだったでしょうか?

些細なことでも、近隣トラブルにつながる可能性がありますので、そうならないように十分気をつけて取引するようにしましょう。

 

リビンマッチの口コミと評判について元不動産営業マンが検証!