あなたは、実家が遠くに離れていて処分するにも実際どのようにすればいいのか分からずに、長いあいだ放置してい困っていませんか?

 

空家は長い年月放置すると劣化がどんどん進んでしまい、やがてご近所にも迷惑をかけてしまう結果にもなりかねません。

 

この記事では遠方地にある実家を売る方法について書いてみましたので、参考にしていただけると嬉しいです。

 

 

できることなら実家の地域に出向いて不動産業者を訪ねてください。

不動産は地域に密着する産業です。ですから本来であれば、あなたが実家の地域に展開している不動産業者を訪ねて、売却の相談をすることが一番望ましいことになります。

 

但し、比較する意味で最初の1件目で媒介契約を決めることは避けたほうがいいです。

なぜなら、不動産業者によって査定金額が異なるからです。

 

少なくても2~3社を訪ねて相談した方が損することを未然に防ぐことになりますから、頑張ってくださいと言いたいところですが、実際は仕事があって中々いけないということの方が多いかもしれません。

 

 

 

遠方の実家を売却するときは実家の近くの不動産業者が理想的

あなたの実家が遠くて、どのようにして売ればいいのかよくわからなくて困っていると思いますが、実際に実家の近くの不動産業者でなければ家は売ることができないのかというと、決してそういうわけではありませんが、できれば近くの方が理想的だと個人的には思います。

 

なぜなら、不動産は地域に密着しているために、他の地域の業者では情報が皆無であり、相場なども把握していないのが現状です。それに見学を希望されるお客さんもいません。

 

どうしても実家の近くの不動産業を尋ねることができない場合は、あなたのお住まいの地域の不動産屋さんにお願いするしかありません。そうなると、レインズを見た地元の業者さんが売ってくれるのをひたすら待つ形になりますが、可能性は0ではありません。

 

案内するために必要な鍵は、地元の不動産屋さんに一旦預けることになりますのでそれだけご理解ください。

 

 

全国展開している業者であれば、対応してくれるところもある

地方に支店や営業所が展開されている業者(大手)であれば、現地の担当者が対応してくれるケースもありますので、あなたの近くでそのような業者があれば、そちらに依頼をして、具体的に相談してみるといいと思います。

 

また、実家の近くの地域密着型の業者であっても、あなたと密に連絡を取り合って、具体的に売却を進めてくれる場合もあります。

 

私も実際に遠方の売主さんと電話と手紙でやり取りしながら販売活動をしていました。(売主さんとは一度もお会いしていません。)

 

問題は、親身になってあなたの悩みを解決してくれるかどうかです。

 

例え遠方であっても、電話の対応でその担当者が信頼できるかどうかをある程度確かめることはできると思います。

 

業者と担当者を見極めるためには、面倒でも複数の業者と連絡を取り比較する必要があります。

 

そんな時に役に立つのが、「不動産一括査定サイト」の存在です。

 

まずはじめに、査定して欲しい実家の情報を入力します。

すると後から複数の業者をサイトが紹介してくれます。

 

サイトが紹介してくれた各業者に机上の査定を依頼しましょう。

 

 

イエウールで机上査定の依頼をしてみる

例え実家が遠方であっても、全国に協力会社を持つイエウールなら、あなたの実家にマッチした不動産会社が見つかるかもしれません。

 

査定依頼をするれば、あなたの実家がある地域を担当する不動産会社を紹介してくれます。

 

依頼をする際に、電話でやり取りするか、メールでやり取りするか、あなたが都合のいい方法を不動産会社に伝えてください。

 

最初は机上査定で金額を出してもらって、さらに正確な価格を知りたいときは、訪問査定を依頼しましょう。

 

訪問査定をする際は、あなたも現地に出向く必要があります。

しかし、どうしても行けない事情がある場合は、鍵を郵送して中をみてもらう方法もありますが、あなたが良ければの話です。

 

その場合であっても、最低でも2~3社くらいに中を見てもらって査定金額を出してもらってから比較して信頼できるところに媒介契約をするようにしてください。

 

媒介契約のことでわからない場合は、「専任」と「一般」媒介の効果的な選び方を参考にしてみてください。

 

 

 

まとめ

全国展開している業者であれば、あなたがお住まいの地域の不動産会社(大手)が対応してくれる場合がある。

 

実家の近くにある中小の業者でも、連絡を密に取り合いながら販売活動することができる。

 

業者選びは、一括査定サイトのイエウールを使って探してみるといいです。